まれに絵のある雑記帳

創作・二次創作サイト共有です。
性別反転等、いわゆる腐ネタが予告なく飛んでくる可能性があるため、苦手な方はご注意を。
各記事本文は年明けと共に全消去。画像等は抜粋して「ログページ」にて保管。

下書きや線画をツイッターで先行して公開したりしています(@tochiju

9月19日(水)

利き目の判別法を忘れた。

出窓温度。23度。湿度48%(19日8時時点)

疲れ目とは言っても、極限まで来たときにより症状が出るのは片目だけ。
両目に出る人も居るのかもしれませんが…。
自分の場合は、たいてい、左目が痛くなります。
疲労から来る歯痛や肩・首コリもたいてい、左。
この場合、身体の歪みは右に傾いてるの? 左に傾いてるの?
そういえば、首を傾げるのも、左に頭を倒すほうが苦しいような。
歯痛は、まあ、左側が磨き切れてないだけですね。磨きます。

前にツイッターかどこかで、絵の左右の歪みを調べる方法として「利き目」の調べ方が紹介されてたハズなのですが、忘れてしまいました…。
片目ずつ目を閉じて、…歪みが大きい(視界がズレる)ほうにあわせて描くのだったかな。もう一度、読みたい。
もう一度読みたいといえば、原色のドギつい異なる色同士を自然に混ぜ合わせる手法として「間に灰色を置く」とかいうやり方が紹介されていた記事、これも、もう一度読みたい。もう15年以上前かってぐらい昔の対談ページなので、もう存在しないかもですね…。

インサガ。
今回、期間限定ミッションの期限が短いらしく、いつも終了前日か当日ぐらいにクリアしてるので、最後の最後でクリア出来ない可能性大です。
クリア目指してやれるだけのことはやる所存ですが…ログインエラーが最大の壁。たとえ3分で復旧してもヤル気が削がれることに変わりはないのです…。
8割がたPCの問題だとは思いますが、この状況では、やはり続編はスペック足りなくて全く動かせそうにない。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。折り返し。
マザーCOMを回避して、偽キューブ。

ボスの面々もそろい次第連結して一枚にしたいので、電脳世界に入らないと会えないマザーは回避です。
投稿動画を資料にしてますが、キューブの正面攻撃がどうしても見つからず。勝手にモデルチェンジ。中が四次元で、自分より大きいものをドバッと出してくれる感じ。歪んでるのを気にしたら負けですわ。

ネットで攻略サイトを見れるようになって、全編通して「え、こんな小ネタあったの?!」って寄り道を大量に知って半ば発狂していたものですが、SF編で「ラストバトル後にカトゥーの部屋(だったか??)に行くと…?」も、そのひとつ。
「こんなのもあるよ!」って程度の紹介だったので詳細不明ですが、問題児だらけのあの船において比較的常識人なのかなと思わせて、カトゥーも中々…なんですかね。

動画で、倒された後のマザーのセリフを改めて読んだのですが、「正常に戻った」の一文が不気味で怖くて泣ける。
与えられた役割をまっとうするのが困難な状況に陥った末に…って意味で、オルステッドの状況(心境?)に一番近いボスのような気も。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月17日(火)

ばけつ頼み。

出窓温度。26度。湿度52%(18日8時時点)

過去漫画の原稿データ再作成作業。
さくさく進めるために模様とか細かいところは塗らないって決めて作業にあたってるのに、油断するとすぐムダに塗りこもうとしてしまう…。
二次は解読不能なほど古いメモが残ってるぐらい消化不良おこしてますが、一次もなかなか似たようなもので。ちょっとでも回収したいので、さくっと終わらせたいですね…。
冬が来るまでにいける所まで進めないと、また中断しかねないので、がんばろう。
まだまだ暑いものの、今ぐらいが一番、作業しやすい。
気温も、気力も。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。折り返し。
おーでぃーおー。

原始編は人間キャラも「(プレイヤーのわかる)言葉」を話さないところに、ラスボスがそもそも意思の疎通の絶望的な恐竜っておかげで、おーでぃーおーへの思い入れが本当に薄い。
どこかで「実はメスなのでは?」って考察(というか、希望?)を見かけた気がするのですが、記憶が定かでない。クロノのアザールのほうかも。
オディオ陣の中には「こいつ、オディオ呼び出すほどの憎しみとか抱いてんの??」ってボスも複数いますが、ニコニコかピクシブの事典、オディオの項で「周囲に憎しみの感情を芽生えさせる存在もオディオ」って旨の記述を読んで納得しました。
生贄をささげる相手では、そりゃあ、憎まれもするか…。
ある意味、全ボスに共通する項目のような気もしますが。

ところで、おーでぃーおー倒したその後は、みんなで美味しく頂いたんですか???
きになる。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月16日(月)

プレイ記(インサガ)

出窓温度。28度。湿度42%(17日9時時点)

たぶん、今期が最後だと思うので、クラウン貯まったらこりずにボスガチャ。
11連1回+単発2、3回で唯一出走したフレイムタイラントが何とかゴール。目的の人はもはや出走すらせずですが、なかなか嬉しい人だったので結果オーライですかね。
しかし、先の帝確11連からの朱雀に引き続き、「見るからに火」な人が続いてますねー。
トレハンのネタPTが作れそうな勢いですが、トレハンも今回で最後でしたね…。
この「火」な人たちからPT展開するなら、うーん、朱雀・朱雀・フレタイ・雪だるま・サンタ女子2人で熱いクリスマスかな…無理やり感。

ネブルザグ協力、超級の1Pで全力放置してたら1回だけ自力討滅していたのですが、以降は「あと2、3回奥義ブッ放できたら勝てる」程度。
奇跡的にステータスダウンせず、連続クリティカルし続けた。そんなところだったのか…。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。折り返し。
ディオ。

罠でディオも撃退したいです!!!!(贅沢)
というわけで、ディオです。ラストバトルが「ディオひとり」パターンも「手下みんな無事」パターンも達成したことないですが、西部編は罠で敵方がバッタバッタ倒れてくシーンがとっても爽快。
材料集めと仕掛けてる最中はまさに「嵐の前の静けさ」なので、尚更テンション上がります。

読解力が低すぎてずっと「(主が何やってたかは別として)大好きな主を殺された馬の憎しみがオディオを呼んだ原因」だと思ってましたが、全くそんな感動のアニマルストーリーじゃなかったです。
その後の決闘イベントをどうしていたか、妙に記憶が薄い。マッドと決着つけるときはサンダウンが死ぬときのような気がしてならないんだな…うまく言えないのだけど。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月15日(日)

和名がカッコイイ。

出窓温度。28度。湿度42%(16日9時時点)

唐突ですが。パックの野菜ジュースにも入ってる「ビーツ」。
初めて実物を見ました。
これ、どうやって食べるんだ…と思って検索。スープ系が多い。ボルシチの赤いのはこれの色らしい。え、トマトじゃなかったんですね、そういえばボルシチ食べたことなかった。
ホウレンソウの仲間だそうです。
ホウレンソウの根っこの赤い部分のイメージなのか。
味に興味津々。
人の買ったものだから食べられないけど。

和名は、火焔菜(かえんさい)。カッコイイ。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。折り返し。
ガマヘビ変化。

ほぼ模写で失礼します。
ほぼ模写なのでせめて蛇の数を増やしました。
爬虫類苦手な方はゴメンナサイ(描き手も得意ではない)。
何はともあれ。ラスボスのデザイン画とドット絵の違いを見るのも楽しい部分。
ガマヘビは結構、ガラッと変わってますねー。色数の問題からか、ドット版のほうが色合いは地味。そして、「おまえ、絶対、身動き取れないだろ、よーし、そこをうごくな、斬ってやる!!!!」ってぐらい、でっぷりしてる。
最大の違いは、たぶん、手があるかどうか…だと思うのですが、どうなんでしょう。
ドット版はヘビを捕まえてる感じですが、デザイン画のガマヘビは腕自体がヘビになってるような。
ドット版の口元にやってる手の感じが好きなので、どっちにもそれぞれ良さがありますよね。
より不気味なのはデザイン画だと思いますが。
若干スリムなぶん、凄い勢いで突進してきそうでコワイ。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月14日(土)

こんなこっといーいな。

出窓温度。25度。湿度48%(15日8時時点)

大阪・海遊館横のドラえもん展、行ってきました。
現在進行形でドラえもんを楽しんでる子どもが行ってキャッキャするというより、子どものころに「懐かしさ」を感じられる程度に親しんで大人になった人が行ったほうが楽しそうな内容かな。
映画・原作は全く、アニメもそんなに見てたわけじゃないので、正直、アウェー感が凄まじかったです…。
「アニマルプラネット」のパロディ映像は初見は「???」でしたが、繰り返し見てると音楽と共に中毒性ありますね。上映されてる部屋を出た瞬間、部屋が緑色に見える錯覚も強烈。

ねこ展に引き続き、目録だけ買っ………てもらって、終了でした。
撮影可能なのは良いものの、シャッター音が気になるのと(スマホだと消せないのかな…持ってないからワカラン)、撮影してる人の前に出づらいのと、暗闇で展示されてるヤツに容赦なくシャッターポイントの光が当てられるのとで、集中して見てられなかった。そこだけが残念ポイント。
お土産グッズに「どら焼き」がないのは、日持ちしないから仕方ないですね。
クッキーでも、せめてどら焼き型なら買ってた。かもしれない。

プレイ記(インサガ)

エラーで終日ログイン出来なかったので書くことないのです。
またログインボーナスの最後が取れそうにない。悲しい。ヤル気と暇があるだけでは太刀打ちできない壁もあるということです。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。折り返し。
オディワン・リー。

オディオ陣の綺麗所。主にビジュアルが。
弱者に生きる価値は無しみたいな冷徹な部分も、徹底してるって意味ではある意味、キレイ。なのか。弱さゆえって可能性はありそうだけども。

美形って意味での見た目のカッコ良さも手伝ってか、オディオ陣の中では比較的好きなキャラ。改めて一道場のトップってことを考えると、なるほど、やっぱり自分の惹かれやすい設定は「組織のトップ」なのだなと妙に納得してしまいました。

昔むかしに「老師の元弟子なのでは?」って考察されてる方が居られましたが、イメージイラストとして出てる絵のあんな位置に居たら、「いつ弟子に加わるんだろう」とわくわくせざるを得ませんよね…だまされないで、ラスボスですよ。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月13日(金)

ぶちぶちぶち。

出窓温度。24度。湿度50%(14日7時40分時点)

カマキリ!!!!
おっきい!!
ムリ!!!!!!!!!
…と母が申すので、母がやっていた草むしり(我が家の土地ではない)を引き継ぎ。
あぜ道で見てて「花はカワイイけど、これ、除去するのは大変だろうな…」と思っていたヘクソカズラちゃんはやっぱり強かったです。あと、アサガオ。
ツルとかツタ系の植物は、根っこを引っこ抜くだけでは取れないので大変なのですね…。
最大の問題は、もはや野生化しているアスパラガスに巻きついていること。これは、アスパラも引っこ抜くしかないですかねー。

描きました。

LAL+U:サガ漫画。1P。プラスおまけ。
義破門団道場に遊びに来たトゥースの不満。

ちょっと退室して戻ってきても連戦を強要される鬼仕様。その上、門下が敗けるたびにリーが「おしおきだべー」するので、なけなしの良心が刺激される模様。
ちなみに、首をはねられても次の連戦のときには完全復活してるので問題ないそうです。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。折り返し。
オルステッド(オディオ)。

オディオ化はアリシアのアレが最後の一押しだったのはわかるのだけど、あれって、「信じていたアリシアが」というのと同じぐらい「勇者と対を成す、こちらを無条件に信じて味方すべき姫が役割放棄したからもう既存の勇者であり続ける意味がなくなった」んだろうなあ。昔むかしにどこぞで読んだ考察の受け売りですが。
クロノトリガーのクロノ、聖剣LOMの主人公…同じ「しゃべらない主人公」でも、唯一の一声を発する状況と心境が全く違うの、面白い。

ちなみに、公式的にどうなってるのかはノータッチですが、「最終編はオルステッドの精神世界」って解釈でネタ作りたい派なので、ルクレチアの民の亡霊も全部、偽者扱いなわけですが。
その解釈で行く場合の何がツライって、ストレイボウの自責のセリフがそのままオルステッドの自問自答になってしまう辺り。あれはもう、誰が悪いとかではないだろうに。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月12日(木)

ひさしぶりにすずしい。

出窓温度。26度。湿度46%(13日9時半時点)

帰宅するころの気温がとても涼しく、快適。久しぶりに「暑い」が口から出ず。扇風機の風が寒いぐらい(ただし消すとやはり「暑い」)。
これが今の時期本来の気温でしょうか。
今年は桜の葉の毛虫被害が少なかったのでずっとあぜ道を通ってましたが、バッタ類が凄まじく飛び跳ねてきて踏みそうでコワイので、今更ですが出勤のルート変更を考えるべきかもしれません…。

週末は、大阪行き第二弾。の、予定。
晴れなくていいから雨は降らないでほしい。

プレイ記(インサガ)

エクリプスの事前登録が始まったようですね!
現状、自分のプレイ環境が推奨以下な気がしてならないので、すぐに登録するかどうか思案中です。
スマホ持ってたらまた別なんだろうけどな。
ガラケーサービス終了まで命運を共にする所存なので無いですね。

期間限定ミッションからのチケット消化です。
王者券、3枚ともに王者券でした。
本命の、11連券。
ご新規。
ケルート。朱雀。ギュスターヴ(原作Ver?)。
カタリナ(ノーマル)。ヘクター。サイレンス。
…そして、古ワグナス!!!ブッチギリゴールおめでとう!!!
覚醒確定。
エミリア(ノーマル)。
カタリナ(チョコ)
朱雀は2匹(羽?頭?)来たので、新規で覚醒確定です。
3人目以降。
棍棒ジニー。
確か天命で覚醒させたので、厳密にいえば2人目。

ほぼ全員、ご新規さん。こんなこともあるんですね~。
出走したのに何でゴール出来なかったの?って人は今回は二人。
ギュスターヴ(壮年)、イスカンダール。
また来てね。って、もう言えない。

ボスガチャ、2回やりましたが共に帝出走なし。
ゲレイオスお迎えの望みはほぼ絶たれました。残念無念。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
八人目。悲劇の勇者にして、不滅の魔王。オルステッド。

中世編は身内プレイで結末がどうなるかは分かってたわけですが、あの当時に前情報無しにあの展開を自分で確認していたら、相当の衝撃だったろうなとは思います。
…とはいえ、正直にバラすと、あの半ば伝説的な結末も、身内プレイで見てたころにはあんまり印象に残ってなかった感じなので。何だろう。年代が低すぎて(いわゆる中二世代には全く入らないころ)理解が追いついてなかったのだと思います。根っこはともかく、功夫編とか西部編は分かりやすかったので、きっとそう。

ただ、LAL以降に触れた作品の「敵キャラ」への愛着は、それ以前に比べたら比較にならないものがあるので、確実に影響は受けている模様。触れた年代もあるかもですが。

…まあ、深層部分に降り積もる思い出のカケラにLALがあって本当に良かった。幼~少年期のそれは、得ようとして選ぶものじゃないと思ってるから、尚更。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月11日(水)

蒸しナッツは有り?無し?

出窓温度。27度。湿度44%(12日9時時点)

先日購入したナッツ、地味に「素焼きと間違えて生を購入」ミスをおかしているので、どうしようか思案中。
一応、生食も可能らしいのですが…。
うーん。
たまにレビューにレシピを書いててくださる方が居られるので、ほんの少しの期待とともに閲覧しましたが、無し。かわりに同じ間違いをした方のレビューを見つけてホッコリしただけでした…。

インサガ。
前回に引き続き、ログインボーナスの最後が取れず。
相変わらずほぼ毎日インしているものの、タイミングの問題でログインボーナスだけ取れない日があるんですね…。
ともあれ、何とか期間限定ミッションはクリア。
天命100%がこれで3個になりましたが、帝確11連券で覚醒する率も高まってるため、なかなか「よし、使おう!!」って気にならないのは問題。
ガチャはほぼボスガチャしか回してないのに、一向に2人目の来る気配が無い水竜を覚醒してしまえばいいのか…ダンターグやスービエなんか、形態違いで4人ぐらい来てるのに…。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
七人目。スクウェアの忍ばない忍、おぼろ丸。

攻略本があっても中々手間なので、ゼロ人斬りも百人斬りも達成したことはないです。
ラストの捕らわれ殿の申し出はだいたい受ける派。
捕らわれ殿は超絶頑丈なので、リアクション見るためだけにわざと何度も落とし穴に落ちたりもしました。その節は申し訳ありませんでした。

キャラ自体も好きですが、ダッシュの速さがあまりに魅力的すぎて最終編の主人公に選びがち。
幕末編本編は「仕事モード」みたいなもので、しかも基本単独行動なので人との掛け合いが少ない。
主人公ズの中では、素の性格がうかがい知れない唯一のキャラかも。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月10日(火)

生息範囲。

出窓温度。31度。湿度45%(11日9時時点)

ときどき。本当に、ときどき。
年に2回か3回か程度、あぜ道沿いの川でカワセミが飛んでいくのが見えるのですが、自分でイメージしている以上に青い。あれは本当に自分が思っているカワセミなのか…。
オスとメスの違いだと思っておきましょう。

中華一番、アニメは10月かー。
さすがに前回のキャストを引っ張ってくるのは、まあ、ムリですよね。
楽しみに待とう。
「極」の5巻、読めとばかりに投げ出してあったので読了です。
フェイ&ルイは兄弟弟子ってことでいいんですかね。素のフェイさんが垣間見れて新鮮。
ところで、5巻の内容とは関係ないですが、アル「ニャン」とアル「カン」って、何かしらつながりはあるんでしょうかね。単に名前が対になってるだけ…?

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
あい…? あ…あい…あいぃいいいい!!!!!

六人目。ポゴです。
キャラ絵がもともと二頭身サイズって意味でも、主人公ズ中、最も描き手それぞれの絵柄が出るキャラのような気がします。
「人間は出てくるけどセリフが無い」って、今でもかなり斬新な部類なのでは。
他シナリオで名前に漢字が使えるのも「なにこれすごーい」と感動したものですが、原始編は逆にガ行とかパ行とか、限られた文字しか使えないことに驚きました。
こまやかなこだわり。

最終編で、野郎には問答無用で襲いかかって来るのにレイ(女子)には手放しで服従なあたり、わかりやすくて大変よろしい。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月9日(月)

夢メモ。

出窓温度。31度。湿度44%(10日9時時点)

9~10日の間に見てるので10日の夢ですが。

(たぶん学校の)徒歩旅行で入った泊まれるカラオケ屋に置いてあった漫画本が、タイトルそのままズバリ「ヴェント」。
作画が寺沢大介氏(味っ子の人。自分は将太のほうが通る)で、目覚めてから冷静に考えるとなかなか攻めてる一冊でした。絵柄は寺沢さんですらないんですけどね。あえて言うなら、喰わせモン!の雰囲気。あえて言うなら。
自分絵ですらないので、アレ、誰の絵だったのか…。
肝心の中身。
江戸舞台の時代劇な感じでした。
服も全部、和装。ヴェントも和装。
既に運びの途中って状況から始まってたのですが、何故か走りながら画鋲を食べてたので「寺沢さんが描いたら全部食べ物の漫画になっちゃう…(いい喰いっぷり…異食だけど)」って思いながら読み進めたら、運び先に到着。
家人が居ないっぽいものの、どうやら魔物に追われてたらしく、フンドシ一丁で転がり込んで助けを求めていたら夫人が出てきて云々……というような流れが前半でした。夫婦の夜の営み(^^)を始めた直後の騒動で隠れてて、出るに出られなかった模様。
1巻なのかどうかは、不明。
トゥース、居ねェかな!!! と思いながらパラパラ斜め読みしてたので、最終的にどうなっていったのかは不明。
ティフォン居ない。見た範囲にトゥースも居ない(運び屋ヒヨっ子って感じでも無かったので、もしかしたら、決着つけた後の物語かも)。
表紙は、見た範囲に出てなかった黒髪美少女ふたりとヴェント。
展開が気になるわ…。
ちなみに、最後のほうの数ページは1P大ゴマでヴェントが走り続ける「攻めまくりやな…!!」な構成でした。色的にはたぶん、元々カラー。

決戦後だったら、「あのチームは魔物に滅法強い」みたいな話が広がっててワケアリな依頼(依頼時点ではワケアリだと言ってくれない)ばっかり来て、運ぶ先々で魔物退治してる……とかもアリなのかもしれない。

すずめのおやど。

滋賀出張だった次兄が宿代わりに泊まっていきました。
クソを何回つけてもお釣りがもらえるぐらい暑いので、よく眠れましたかね。
今日は特に暑かったのです。
まだしばらく、残暑という名の夏が続きそうです…。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
ガサツな元野盗の荒くれ者? いえいえ、師範になるころには本来の優しさを取り戻してるんです。紅一点、レイちゃん。

レイです。ようやく一番描きたかった人に到達しました。
自分プレイではだいたいレイ師範なので、ユンとサモは身内プレイの薄い記憶。レイの、最後の最後で「おししょうさん」って呼ぶ、あの出会いから別れまでの変化・成長に毎回、泣いてた記憶。

…まあ、おかげで二次創作的には老師にゾッコン(でもツンデレ)のジジイ専な、(日本人組には)チョット残念な感じの扱いにしてしまっているわけですが…。
好き。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月8日(日)

筋肉痛。

出窓温度。31度。湿度45%(9日8時半時点)

わかりやすく筋肉痛です。安静にしておきます。

お盆~夏効果も落ち着いて、そろそろ仕事も平常運転。かな。
残暑の影響で、いまだ廊下が湿気で酷いことになってますが元気です。滑らないように気を付けます。綺麗な水滴ならまだしも、みんな下足でウロついて真っ黒な泥まじりなので、あんなところで転倒したくない。

過去漫画グレー塗り作業。
線画のゴミ取りすら終わってないヤツがちらほらあって、いったいどこまで進んでいるのかサッパリです…。
一番、問題なのは、ごく最近描いたモノで「アナログ原稿から再スキャン」組ですらない原稿データが何故か文字抜けしていることですかね…。
なんでセリフまで入れた完成版が保存されてないのか…。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
身体は大きいけど気は優しいジェントルマン、みんなのお肉こと、サモ。

地味に主人公中唯一の初描きでした。
最年長の可能性もありますが、老師の弟子3人の中で一番、人格が完成されてるイメージ。
何も考えずに修行を進めると、だいたいサモが継承者になるって話を聞いた記憶がありますが、ステータス的にも一番優れてるってことでしょうね。
不利なのは素早さぐらいだろうけど、意外にすばやいうえ、受け流すことを覚えたらこの立派な肉の壁があるからなあ…。

たい焼きとかカステ(イ)ラとか、食べ慣れないオイシイモノを食べることができるわけで、最終編に呼び出されて一番ほくほくしてるのも、ある意味、サモなのかも。

…U:サガのロイと延々ほいこーろー踊らせたいです。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月7日(土)

にゃーん。

窓辺温度。30度。湿度45%(8日8時半時点)

近所の人が行ったお土産いただいたら俄然行きたくなったので、大阪の「ねこ展」、連れ出してもらいました。
本当、猫がカワイイだけ。
展示量が地味に多いので、2回ぐらい行ったほうが良いのかもしれません。後半、脱水しかけでヘロヘロ限界迎えたので出てきました。冬場だったらもっと居れた。
照明や配置の加減で上のほうの写真はだいぶん見にくいですが、どれも撮影者の猫愛が感じられて良かったです。
最大のニヤリポイントは前半で点在してる木彫りの猫サマですが。
あと、後半部の入り口、テレビ番組か何かのゲスト入場口みたいな雰囲気で、入場してくるカップルをたまたま見たら「なんやお前らクッソカワイイなもう」ってなったので、人間すらカワイク魅せる猫の魔法、末恐ろしいですわ…。

猫事典が欲しかったですが…値段はともかく、横から片手で取ろうとした青年が2、3度取り落とす重さに断念しました。
代わりに薄いの2冊買…買い……買ってもらいました。
何もお金出してなくて本当、もう。
ありがとうございました。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
身体は小柄でも健気にがんばる姿が愛おしいよね、心山拳師範(ユン)。

師範は好みで選べるわけで、自分は毎回レイを選んでたのですが、王道はユンだと思っています。
3人それぞれ、互いに足りてない部分を学び合える、良い兄弟弟子でしたね…。

おぼろ丸とかもそうですが、キャラ絵とドット絵でだいぶん配色が違うので、どちらを参考にするかで雰囲気がガラッと変わるの面白いです。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月6日(金)

出窓温度。26度。湿度56%(7日7時半時点)

暑さもだいぶん和らいで、休日がむしろ苦痛になる季節も終わったかな…と思ったのに、そんなことは全然なかったです。暑い。
とはいえ、本来の「夏」がこのぐらいの気温なら、どれだけ過ごしやすいことか。
最近の夏は暑すぎます…。

真夏と真冬を休眠していると改装作業もバッサリ停止させるおかげで随分長いこと休んでましたが、過去漫画のグレー塗り、作業再開しました。
いま塗ってるのは、ラスボス扱いで残していたU:サガの20Pモノ。
公開時点でも何ひとつ塗ってないものなので、うんうん言いながら塗ってます。あんまりガッツリ塗りすぎないように気をつけつつ。

しかし、「絵が古い(昔のほうが上手かったなあ…)」という部分以上に過去の自分との解釈違いが発生していて、そちらの意味で直視できないのも、ツライものがありますね。
基本的にシリアスな話は読むのも描くのも苦手。
なので、創作も含め、まともに真面目にこれだけのページ数のものを描くことはもう無いだろうなと思います。そう考えると、やはり感慨深い一作なのですね…最初期のモノとはいえ。
サッサと塗り終わって文字入れ作業に入りたいです。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
五人目。厳しくも優しい、みんなのおししょー、心山拳老師。

功夫編のテーマ曲は条件反射で涙腺ブッ壊しにくる名曲だと思います。
よくある「せっかく育てたのに…」パターンを存分に味わえる功夫編ですが、理由が理由だけに誰を師範にするかは悩ましいところ。
キャラの好みに走るか、その後の戦力を考慮するか…。
自分はだいたいレイ師範です。
単純に、好みです。

ところで、功夫編はおまんじゅう、近未来編はたい焼きや大判焼き(の亜種?)と、LALの回復アイテムは食べ物が多いですが、何か意図的なものはあるのでしょうか?
現代編はアイテムを使うシナリオではない、SF編はロボットが主人公でラスボス以外戦闘がない…というのを除けば、みんな何かしら食べ物が入ってる(お腹がすく)。
西部編の酒とタバコは食べ物か?となりますが、食べ物…というか、「人の手による加工品」って意味では、共通点。
攻略サイトのアイテム一覧見てると、中世編が一番、加工品少ない気がします。
…この辺の考察してる人、いないかな。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月5日(木)

感心するしかない。

出窓温度。30度。湿度45%(6日9時時点)

一瞬だけおさまっていたのに、また「暑い!!!!」しか言えなくなってきたなあ。
外で涼しい風が吹いていても、家の中まで入ってこない。たいへんツライ。

延期していた大阪行き、今週末にリベンジですが、今度は台風。天気がどうなるのかが気がかり。
無事に行けると良い。

たまに思い出したようにYOUTUBEで作業用BGMを探すのですが。
この2、3日はこれ。
「○○をバトル曲風にアレンジしてみた」系。
何かもっと別の動画の関連・オススメで出てきたので勢いでこの方のチャンネル登録しましたが、一ジャンルレベルで色んな方が色んな曲をバトル化してるようで。感心するしかないです。
というか、調音記号が増えるだけでこんなに印象が変わるんですね。奥が深い。

そういえば、昔むかし、人からのススメでラジオ体操のロマサガバトル風アレンジを聴いたことがあるような、ないような…。
動画・楽曲投稿サイトが普及する以前のハナシなので、個人サイトか掲示板経由のMIDIか何かでしょうね。
とはいえ、「そのもの」でなくても、探せば何かしら動画が出てきそう。
良い時代になったと言うべきなのか、どうなのか。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
四人(?)目。みんなのマスコット、キューブ。

主人公はカワイイけど、シナリオはなかなかハード。
ベヒーモス避けは初見よりそれ以降のほうが緊張MAXでした。
LAL初見プレイ一人目にキューブを選んで「ミニゲーム? しゃらくせェ! わき目も振らず、一気にEDまで駆け抜けるぜ!!」ってな勢いでキャプテンスクウェアをやらずにラストバトルを迎えた場合、結構な地獄を見そうですね…そもそも、どこでラストバトルに突入できるのか、ピンと来ないかも。

後になってから色んな人の考察・まとめを読んで「なるほどなあ」と思わされることが多いわけですが、SF編だと特に「カークだけはマザーCOMに殺されてない(ヒューイが犯人)のでは?」。これは、深く考えると、ちょっと。感情のもつれってコワイねって話。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月4日(水)

ちんちろりん。

出窓温度。26度。湿度60%(5日7時時点)

昼はまだセミも鳴いてますが、夜はもうすっかり秋の虫。
1、2年いなくなっていたマツムシが戻ってきたようです。コオロギとはまた違って、ちょっと哀愁のあるような鳴き方、秋ですね。
もう少しゆるーい感じの残暑だと良いな。

インサガ。
アン・ルー戦、状態異常の嵐でバトルが満足に進まないのと、動作自体が重いのとでイベント周回は控えめに。
メインクエストを周ってました。
クリア報酬でクラウンがキリのいい数字になったので、ボスガチャ単発5回で使い切りました。半端に残ってた有償クラウンをようやく使い切ったので、一安心です。
結果はまあ、全部戦士ですが。かなしい。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
三人目。最終編ラストバトルで文字通り壁になっててもみんなを魅了してやまない、高原。

各編ごとに細かいシステムが変わってくるLALの中でも、特に異色な感じでしたね。
完全に格ゲーリスペクトだったのだと思いますが、今も昔も格ゲーやってない自分にはかなり新鮮でした。ラスボス戦到達するまでシナリオらしきシナリオが無いのも、逆に色々と間のストーリーを妄想出来て良い。
何か、対戦後、一部の相手とはチョイチョイつき合いがありそうですよね。
つき合いが、ありそうですよね。涙。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月3日(火)

更新情報

出窓温度。30度。湿度48%(4日8時半時点)

涼しかったのは一瞬だけ。
残暑が厳しいとの予報通り、朝からムシムシ暑い日が続きますね。一瞬で冬になりそう。

あともう一声が欲しても、7割ぐらい出来たら「もういいや…」ってなってしまうので、クレオフーガに一曲、投稿してきました。

またね、おやすみ。(アイフレームが出てない場合はこちらからどうぞ)

ボーカルパートは当初の予定通り、CeVIOの赤咲。
ご主人にいってらっしゃいするわんこの歌です。
結婚前夜と解釈できなくもないですが、それだと出戻り希望してるみたいになるので失礼だな、君は。わんわん。わんわんわん。
コーラスパートも赤咲。声質高め。本当、かわいい。
音量を調節してかなりマシになりましたが、それでも主旋律を奪ってる印象が否めない。程よいハモり、難しい…。

添付画像
大きいサイズ

ライブアライブ25周年逆カウントダウン。
二人目。たいやきだいたいみんなだいすき、アキラ。
髪が鬼なのはパッと見でわかるとして、実は主人公ズ(中世編除く)屈指の装飾の多さですよね。色数も多い。数を増やしてるのは圧倒的に髪だと思いますが。

液体人間の不気味さもあって、オディオのテーマ曲からのボスバトルが一番似合う印象。
キャラクターの「いかにも少年漫画」な雰囲気も主人公ズ一なら、「話がわりとエグい」も主人公ズ一(個人の感想です)。
ED後のアキラには是非、松を超えるたい焼き屋のお兄さんを目指して頑張って欲しい。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月2日(月)

おめでとうございました。

出窓温度。28度。湿度54%(3日8時時点)

ライブアライブ25周年、おめでとうございます!!!
90年代発売のゲームが続々とキリのいい周年記念を迎えてますが、LALも例に漏れず。
発売日を認識したのが10周年のときだったので、むしろ、そこから15年経っている事実のほうがおそろしい。
何はともあれ、おめでたい。
「記念日だよ!」と知らされて何かしら「おっ」と思えるのは良いことです。

LALが発売した当初、小学校の中か高学年ぐらいだったのかな。
身内プレイはしっかり見てましたが、自分でちゃんとプレイしたのはたぶん、中学に入ってからだと思います。
プレイした順番などは覚えてませんが、SF編のベヒーモス、近未来編の液体人間、最終編の知のダンジョン…怖かった記憶はちょいちょい残ってます。技のダンジョンはある意味ホラーですが、「うっとうしいわ!!!」のほうが先立っていた記憶。

基本的に「最初に触れたもの至上主義」のため、その後のイロイロはFF7同様スルーしてますが、ファン活動も含め、いまだに動きが活発なのは素晴らしい。
自分の中で、一生モノのゲームのひとつ。
今後もゆるーく楽しみたいと思います。

ちなみに、エンディングのピアノアレンジは1、2日前ぐらいで完成してますが、「弾いてみた」系で出すにしても拙すぎるので、もうちょっとミス率が減ってから考えます。

添付画像
大きいサイズ

期日ピッタリに何かするってことをしない人ですが!
逆カウントダウンということでひとりずつ描いていきます!!
一人目。みんなだいすき、サンダウンのおっちゃん。
「遅れて初プレイしていた時期」ですらこちらはまだ中学生ぐらいなので、たいそう「おっさん」と思って見てましたが、ヒゲのせいで錯覚起こしてますよね。いってても40手前ぐらいなのかな…。

画像ジャンル

二次創作(ライブアライブ)

拍手

9月1日(日)

ふふふのふ。

出窓温度。26度。湿度52%(2日7時半時点)

体調自体はほぼずっと頭痛が治らなかったので、休日が本当に休日で良い連休でした。
痛くなってからでも効いてくれると嬉しいな、お薬サマ。

ワンコソング。ボーカルパートの調整に気力の限界を感じたので、全パートWAV化してひとまずまとめたトコです。細かい部分を気にし過ぎて先に進めなくなるタイプなので、そこそこで終わらないと終わらない。
ハモりを入れてソレっぽくなったのは良いものの、赤咲2人目(声質高め)にやらせてるのもあって完全にメロディが喰われてます。メロディ、どれだ。
これ、パンポットとボリュームの調整でどうにかなるの?
まあいいか!!
高音赤咲、本当、カワイイ。カワイイから許すよ。

…真面目な話をすると。
音源出してない状態で言っても意味不明かもしれませんが、今回、各所の講座を見ながら「伸ばした音の最後で吐き出す息の音」を表現する小技にチャレンジしてます。
ボーカルだけ聞いたら「こんな抜け方しねェよ!」って状態のものでも、伴奏と合わせたら丁度いい具合にかき消されるので問題ないようです。
つまり、合成音声ツールで作るのが一番難しい曲は、「声そのものを聴かせるタイプ」の曲ってことですかね。アカペラとか弾き語りのような。
生身の人に歌ってもらうために作るのもムリなヤツか。
問題なしです!!
今週中の完成目指してがんばります。

8月31日(土)

結果オーライにしておく。

出窓温度。28度。湿度46%(9月1日9時半時点)

セキュリティソフトが「アップデートするので重複してたらアンインストールしてね!(アンストしなくてもいいけどトラブル発生しても知らんよ!)」と言ってきたので何もせずアップデートしたら、アップデートの選択肢と再起動が延々と続くので、削除して入れ直しました。
いろいろ面倒。

頭痛が酷いので大阪行きは延期。
本当に、いい連休。
おかげさまでワンコソングの歌詞は出来上がったので、ボーカルパート流し込んでいきます。

インサガ。アン・ルー戦、本当に重い。ので、低画質モードでやってますが、それでも重い…。
与ダメージはいつも通り「超級1P全ターンで半分削れない程度」ですが、常に誰かが痺れるか寝てるかしてるので、正直、ツライ。
水竜コマンダーで被ダメージ自体は抑えられてるものの、「全員状態異常無効」になるだけの装備がないので、中途半端。魅了じゃないだけマシだとは思いますが…。

8月30日(金)

刃が欠けそう。

出窓温度。24度。湿度65%(31日7時半時点)

先日買ったサンザシのお菓子、アレに近いものをちぎって酢豚に入れるらしいというので、「もしかしてミキサーで砕けるのか?」と思って試してみたところ、全く歯が立ちませんでした。これがダメならグミもダメですね。グミを砕こうとは思わないけど。

仕方がないので、まず最初に試そうとしていた「お湯(牛乳)でとかす」をやってみたら問題なくとけました。
放置したらヨーグルト状になりましたが、これは酸味で牛乳が固まったのか、熱で固まったのか…。
悪くはないけど、フツーに食べたほうがおいしい。当たり前か。

インサガ。
トレハン中のチケット計22枚程度、中身が全て名前通りの結果でガックリ。11連券はゲット出来ませんでした…。
ボスガチャは11連2回と単発3回ほどで血涙ワグナスと白鯨スービエでした。うーむ。目的の人は全く来ない上にやたら被るなあ…(たぶん、このスービエ3人目)